うつになったらカウンセリングを受けよう

うつは「心の風邪」とも言われています。

仕事や家事、人間関係に落差を感じた時、脳の伝達物質が異常を起こし、心的疲労と身体的疲労を引き起こします。

症状が現れた時は休むこともそうですが、早めに病院や内科クリニックでの診療とカウンセリングが必要です。

また、患者にとって真に相談が出来る医師を見つけることも重要になってきます。

良いカウンセリングをする医師を見つけるには、症状を詳しく話すことで、患者の気持ちをくみ取り、「うつは必ず治せる」と断言できる先生を選びましょう。

うつは薬での服用だけではなく、日常生活に戻る為のステップを踏んで行くでもあります。

心のバランスを少しでも取り戻せるよう、親身なって患者と向き合える医師こそ本当のカウンセリングを施せるのです。


TOP