一人で悩まずに支援を最大限に利用してひきこもり脱出

近年増加傾向にあるひきこもりとは、何らかの原因で自ら社会との関わりを断ち、自分の部屋にこもってしまう状態が長く続いていることを指します。

周囲に気を使い過ぎて、自分の意見をきちんと口に出して表現できない、常に良い人であろうとする生真面目なタイプの人がなりやすいと言われます。

子供だけでなく、中高年や高齢者にもひきこもりが増えています。

ひきこもった状態が長引くと、本人だけでなく、その家族も精神的に大きなストレスとなります。

多くの場合はどう対処して良いかわからず、そのまま放置して長期化してしまいます。

近年厚生労働省はひきこもり対策の充実化を目的に地域支援センターを各都道府県に設置し、ひきこもっている本人や家族のサポートを行っています。

一人で悩まずに思い切って窓口へ相談してみましょう。

TOP